ニュージーランド留学 小学5年生からの歩み
単身留学6年目になる娘の様子と、英語講師である私の日常を綴ります。
201805<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201807
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックありがとうございます!
FC2 Blog Ranking


☆ ダイスキーで英語大好き!小学校でも大好評 ☆

Math with Dice サイコロで算数
★Math with Dice (サイコロが3個必要です)★

dicekey with numbers blog


【学習する英語表現】数と数学記号 (+, -, ×, ÷)

【準備】
サイコロ1: 2ケタの数を書いた6枚のカードを入れる
(例:生徒のレベルに応じて10, 20, 30,40, 50, 60など)
●サイコロ2: 1ケタの数を書いた6枚のカードを入れる
●サイコロ3: 数学記号を書いた5枚のカードと、Luckyカード(Almighty)を入れる

●ゲームを始める前に、先生は今日のラッキーナンバーを決める
(例:日付が7月10日ならラッキーナンバーは10)
このラッキーナンバーに一番近い計算の答えが出たグループの勝ち

●生徒は3人一組のグループを作り、サイコロを転がす順番を決める

●先生は最初にサイコロを転がすグループを決める

【ゲームのやり方】
一番の生徒はサイコロ1、二番の生徒はサイコロ2、三番の生徒はサイコロ3を同時に転がす。
先生はボードにその計算式を書く。生徒は答えを言い、先生がそれを書く。
英語で計算式をどうやって言うのか教えてもいいでしょう。
ラッキーナンバーに一番近い答えが得られたグループの勝ち。
(*Luckyカードが出た時は、好きな数学記号を選ぶ)

サイコロDicekeyの情報はこちらです
Dicekey150.jpg

ブログランキングに参加しています。
励ましのクリックありがとうございます!
FC2 Blog Ranking


☆ ダイスキーで英語大好き!小学校でも大好評 ☆

テーマ:英語教室 - ジャンル:学校・教育

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。